トップページ > 坑道の記憶 ~炭坑絵師・山本作兵衛~

坑道の記憶 ~炭坑絵師・山本作兵衛~

坑道の記憶 ~炭坑絵師・山本作兵衛~

2015年5月29日(金)DVD RELEASE!!

定価 ¥3,800(税抜)¥3,230(税抜)
(15%OFF)

品番
: TOBA0127
定価
: セル3,800円(税抜)
本編
: 72分
特典映像
: 13分
プロデューサー・構成
: 大村由紀子
現場取材
: 土井博子
撮影
: 森永浩司、谷津賢二
音声
: 松本英彦
編集
: 川路幹夫
ナレーション
: 斉藤由貴
音楽
: 小室等、佐久間順平、竹田裕美子、河野俊二
写真提供
: 本橋成一、広川泰士、丸林宏昭、石倉舜、吉田保、橋本正勝
ジャンル
: 邦画/ドキュメンタリー
発売・販売
: TOブックス

©本橋成一 ©Yamamoto Family ©RKB毎日放送

世界記憶遺産
文部科学省 特別選定(成人向き)・文部科学省 選定(青年向け)

【作兵衛の記憶は国境を越え、未来へ】
名もなき炭坑夫の記憶が世界のアートになった。日本で初めて「世界記憶遺産」に登録された炭坑絵師・山本作兵衛のドキュメンタリー

【イントロダクション】
日記や絵画など697点が日本初となる「世界記憶遺産」に登録された炭坑絵師、山本作兵衛の仕事を追ったドキュメンタリー。炭坑の町福岡県の筑豊に生を受け、14歳から約50年間炭坑夫として働き続けた彼の目が捉えた坑道の風景に迫る。ナレーションを女優の斉藤由貴が務め、フォークシンガーで『ナージャの村』などに携った小室等が音楽を担当。当時の炭坑での日々が鮮明に記録された絵画に感嘆する。

世界記憶遺産とは?
ユネスコが実施する保存事業のひとつ。「アンネの日記」や「ベートーベン交響曲第9番の直筆譜」等が登録されている。

【ストーリー】
1892年、山本作兵衛は当時、日本一を誇る石炭生産地だった福岡県筑豊地域で生まれる。彼は7歳ごろから兄と一緒に炭坑に入り、手伝いをしたり、まだ幼い弟の面倒を見たりして過ごしていた。やがて尋常小学校を卒業した後14歳で炭坑夫となり、50年にわたって炭鉱で生活を送り、還暦を過ぎてから自分の体験を絵にし始める。

  • ご利用ガイド

カテゴリーから選ぶ

  • DVD/Blu-Ray
  • Book

このページの上部へ