トップページ > BOOK > JR埼京線あるある

JR埼京線あるある

JR埼京線あるある

2017年3月10日(金)RELEASE!!

ISBN
: 978-486472-561-3
体裁
: 単行本・ソフトカバー
定価
: 1,000円(税抜)
発行元
: TOブックス
: 寺井広樹、村神徳子
: i-BUG

いろんな意味で、強そうだ、埼京線!!

満員の埼京線車内で読めば、イライラも吹き飛ぶ194ネタを収録!!混雑や駅ネタはもちろん。知る人ぞ知る変わりだねショップから隠れた人気店、そして、明日には自慢したくなる薀蓄いっぱいのコラムなど、沿線利用者なら必ず気になるJR埼京線にまつわる「あるある」をこの一冊に!!
・乗り換えアプリの大宮(京都)が何気に気になる
・乗り心地が、かっくんかっくん。
・ドアの閉まり方が異様にふてぶてしい。
・一本早い電車乗れる! って思ったらその電車が新宿行きだった時のガッカリ。
・丸の内イケメンが赤羽で完全に消える不思議。
・十条の流行の最先端、ポぽみどりや!
・北戸田駅のエスカレーターが長す過ぎない??
・与野本町、駅のスタンプが七福神

著者紹介

寺井広樹
1980年、神戸市生まれ。沿線グルメをこよなく愛し「怖い話」「泣ける話」「試し書き」の蒐集をライフワークとする。『広島の怖い話』『東北の怖い話』『北海道の怖い話』(いずれもTOブックス)など著書多数。

村神徳子
作家・脚本家・脚本プロデュース・企業ビジネスアドバイザー。「亜流の歴史」「霊伝説謎解き」を研究。早稲田大学第一文学部英米文学専修卒。12歳~年齢上限なしの作家集団「フライハイオフィス」共同代表。

  • ご利用ガイド

カテゴリーから選ぶ

  • DVD/Blu-Ray
  • Book

このページの上部へ