トップページ > BOOK > 沖縄の怖い話・参〜カニハンダーの末路

沖縄の怖い話・参〜カニハンダーの末路

沖縄の怖い話・参〜カニハンダーの末路

2016年2月10日(水)RELEASE!!

ISBN
: 978-486472-463-0
体裁
: 単行本・ソフトカバー
定価
: 1,200円(税抜)
発行元
: TOブックス
: 小原猛

人気シリーズ最新刊! "怪"が日常と隣り合わせに潜む沖縄。この地を包み込む、知られざる恐怖と怪異が今、語られる……。邪悪なものはヤナカジと共にやって来る――

ここに書き記した話の中には、信じられない話もあるだろうし、そんなこと起こるわけがないと思われるような話も混じっているかもしれない。私にはすべての話が現実に起きたことだと断言することはできない。ただ、これだけは言えるのである。 それが現実に起こったかどうかはともかく、それが起こったと信じている人々は確かにいて、彼らはその体験から大なり小なり、影響を受けているのであると。ただ沖縄には怖い半面、優しい神々もいる。神々とは祟りを引き起こすだけの存在ではなく、人々を助ける存在なのである。人と神が協力して調和して初めて、沖縄という存在は実際の価値を見出すのだ。そんな風にも思う。 とにもかくにも、怖いだけではない、沖縄の不思議な話を聞いてもらいたい。そして沖縄に来たことがない方は、いつか沖縄まで足を運んで、自分の目で確かめていただきたいものである。

著者紹介

小原猛
昭和43年京都生まれ。強度の花粉症のため、花粉が飛んでこない沖縄県に移住したことがきっかけで、沖縄の民俗伝承に興味を持つ。沖縄の妖怪、怪談に関する本のほか、地元ラジオやテレビのコメンテーターとしても活躍中。著書に『琉球怪談』『七つ橋を渡って』『おきなわ妖怪さんぽ』(以上ボーダーインク)、『恐怖通信/鳥肌ゾーン』シリーズ(共著、ポプラ社)、『沖縄の怖い話』シリーズ(TOブックス)、『琉球妖怪大図鑑(上下)』(琉球新報社)など、多数。

  • ご利用ガイド

カテゴリーから選ぶ

  • DVD/Blu-Ray
  • Book

このページの上部へ