トップページ > BOOK > 川崎フロンターレあるある

川崎フロンターレあるある

川崎フロンターレあるある

2015年2月15日(火)RELEASE!!

ISBN
: 978-486472-353-4
体裁
: 単行本・ソフトカバー・160ページ
定価
: 1,100円(税抜)
発行元
: TOブックス
: いしかわごう
: 鈴木大四郎

クラブ公認!人気沸騰!!川崎フロンターレのあるあるが満を持して登場。伊藤宏樹・登里享平・小林悠によるスペシャル座談会も収録。読めばさらにフロンターレが好きになる!

夢にまで見たタイトルを今年こそ!4年連続地域貢献度第1位!(Jリーグスタジアム観戦者調査)なぜフロンターレは、こんなにも愛されるのか!?選手、監督、OBはもちろん、スタッフやマスコットも登場。サポーター気質やスタジアム、等々力&麻生の街ネタまで、フロンターレのすべてをカバー。納得の大ネタから、サポ心をくすぐるマニアックネタまで、全220本を怒涛の大放出!
※本書の売上の一部は、クラブの明るい未来のために活用させて頂きます。

収録あるある(一部)

・「等々力劇場」幕開けのスイッチはなんといってもケンゴの煽り!
・プレハブには強い誇りを持っている
・天野春果の辞書に不可能の文字はない気がしている
・実は「百獣の王」の肩書きがある大久保嘉人
・自分が小学生のときにフロンターレ算数ドリルがあったら……とつい妄想

著者紹介

いしかわごう
北海道出身。大学卒業後、スカパー!の番組スタッフを経て、サッカーライターに。2007年からサッカー専門新聞「EL GOLAZO」の担当記者として活動。現在はフリーランスとして川崎フロンターレを中心に取材。ゲーム分析とインタビュー原稿、そして試合に関係ない小ネタ収集には定評がある。近年は、ライター業以外にも、構成作家やインタビューコンサルティングなど活動の幅を広げている。著書は『将棋でサッカーが面白くなる本』(朝日新聞出版)。将棋の腕はアマチュア三段。

鈴木大四郎
1977年5月25日生まれ。福岡県出身。2012年4月から2年半にわたり「月刊少年チャンピオン」にて将棋×サッカーという異色のコラボ漫画『ナリキン!』を連載、全8巻。

  • ご利用ガイド

カテゴリーから選ぶ

  • DVD/Blu-Ray
  • Book

このページの上部へ