トップページ > BOOK > 群馬あるある

群馬あるある

群馬あるある

2014年10月15日(水)RELEASE!!

ISBN
: 978-486472-303-9
体裁
: B6判変型・160ページ
定価
: 980円(税抜)
発行元
: TOブックス
監修
: 池村 聡
: 亀谷哲弘
: たかさきゆこ

世界遺産の富岡製糸場、Be together,ぐんまちゃん……最新のグンマ事情を“上毛かるた”風に学ぼう!

群馬は本当に未開の地なのか?グンマー帝国なるものは存在しているのか?県内の女子生徒の間では、はにわルックが蔓延。刺身などの魚料理がお祝い料理、ギャンブル大好きな県民性、キャベツ畑で愛を叫ぶ──!
まあ、確かにネタにされる要因は少し?はあるんだろうけど…日本ロック界のレジェンド・BOOWYやBUCK-TICKも裏原宿の火付け役となったNIGO氏もハンカチ王子こと斉藤祐樹だって、この地から誕生した!そして、総理大臣だって4人も輩出している!
群馬出身の制作陣が、240の「群馬の真実」を上毛かるた風に紹介。もうこれ以上、群馬を馬鹿にさせない!

収録あるある(一部)

・合併ラッシュで 「ここも高崎?!」
・群テレは 独自路線で 突き進む
・コストコや IKEAで前橋 反撃だ!
・地元ネタ 太字で記す 上毛新聞
・スズランは 群馬セレブの 御用達
・都市部の中心 シャッター街
・本数も 路線も少ない 鉄道網

著者紹介

池村 聡(いけむら・さとし)
1976年前橋生まれ。前橋市立下川淵小学校、前橋市立第七中学校卒業。
本業はエンターテインメント関係、IT関係、知的財産関係などを得意とする弁護士。主著に「著作権法コンメンタール平成21年改正解説」(勁草書房、2010)、「著作権法コンメンタール平成24年改正解説」(共著、勁草書房、2013)、「インターネットビジネスの著作権とルール」(共著、CRIC、2014)など。

亀谷哲弘(かめや・あきひろ)
大学卒業後一般企業に就業するも、昔からの夢であったライターを目指し、文筆業を本格的に学ぶ。2013年よりフリーランスのライターとしての活動を開始、過去に雑誌「サイゾー」、「サッカー批評」、ムック本「ぴあ食本」などに執筆経験あり。近著は「サンフレッチェ広島F・Cあるある」(TOブックス刊)。今回の群馬本を手がけて以降は、「湘南一のグンマニア」を自称するつもり。

  • ご利用ガイド

カテゴリーから選ぶ

  • DVD/Blu-Ray
  • Book

このページの上部へ