トップページ > BOOK > 栃木あるある

栃木あるある

栃木あるある

2014年10月15日(水)RELEASE!!

ISBN
: 978-486472-302-2
体裁
: B6判変型・160ページ
定価
: 980円(税抜)
発行元
: TOブックス
: 阿久津たかを
: 伊武八郎

栃木ならではの222ネタをまとめて大放出!!

栃木はU字工事や餃子やイチゴだけじゃない!佐野ラーメンもレモン牛乳もじゃがいも入り焼きそばもガッツ石松も日光ロマンチック街道もある!神奈川や埼玉には負けても、茨城には絶対に負けない!そんな独特の県民性、観光・グルメ、地域や方言、学校ネタに、雑学うんちくと、ご当地ネタが満載!
生粋の栃木県民も、東京へ出て標準語を喋っているつもりが、訛りですぐに栃木出身であることがバレた皆さんも、これを読めば地元・栃木をより愛おしくなる!必見の222ネタ収録!

収録あるある(一部)

・栃木県出身ではない江川卓の名前にすぐ反応する
・「しもつかれ」は見た目の悪さで嫌われている郷土の代表的な伝統料理
・「裏」という言葉が通じないことに戸惑う
・日光と神奈川は修学旅行で相互に行ったり来たりの関係である
・足利では2つの足利駅を線名で呼んで区別している

著者紹介

阿久津たかを(あくつ・たかを)
栃木県の喜連川町(今のさくら市)に生まれる。地元の小・中学校を出て、県立氏家高校(今の県立さくら清修高校)を経て、東京の某私立大学を卒業し、東京の出版・編集会社に勤務。結婚後宇都宮にJターンして広告代理店に勤めている。

  • ご利用ガイド

カテゴリーから選ぶ

  • DVD/Blu-Ray
  • Book

このページの上部へ