トップページ > BOOK > 千葉あるある

千葉あるある

千葉あるある

好評発売中!

ISBN
: 978-4-86472-268-1
体裁
: B6判変形・並製・159ページ
定価
: 952円(税抜)
発行元
: TOブックス
: 小島チューリップ
: 村田らむ

千葉県民大ショック!千葉ならではの236ネタを大放出!

千葉県の県民性、学校ネタ、観光・グルメ、地域や意外な雑学、歴史と、ご当地ネタが満載!
自分は千葉県民だと思っている皆さんも、チバラキ市民だと思っている皆さんも、これを読めば千葉ライフがより楽しくなる!必見の236ネタ収録!

収録予定あるある

・多くの千葉県民は「なのはな体操」が踊れる
・千葉県の小中学校の出席番号は誕生日順が当たり前
・電車にたまにだけど鳩が乗ってくる
・千葉県民は麦芽ゼリーが大好きだ!(たぶん)
・「あおなじみ」が方言って知ったときにショックを受ける
・大人になっても6月15日は休みだと思ってしまう
・マックスコーヒーは千葉県の誇り
・千葉県民はピーナッツハニーを食べたことがある!(たぶん)
・小学校のときに学校行事で潮干狩りに行かされる
・県境は川が当たり前だと思っていた
・小学校の2時間目と3時間目のちょっと長い休み時間のことを「業間休み」という
等々、千葉のご当地ネタをふんだんに掲載!千葉出身の皆様に、共感と衝撃をお届けします!

著者紹介

小島チューリップ(こじま・ちゅーりっぷ)
ライター・カメラマン。1975年生まれ。千葉県市川市で育つ。中学は、私立日出学園、高校は私立市川高校。童貞をこじらせて、鬱々とした学生生活を過ごす。中年になった現在は、主に雑誌媒体でライターとして活動中。時折、カメラマンとして顔を出すことも。特技は、ひねくれた人格のままに、サブカル、オカルト、アダルト、アイドル、宇宙など。

  • ご利用ガイド

カテゴリーから選ぶ

  • DVD/Blu-Ray
  • Book

このページの上部へ