トップページ > BOOK > 超空物件QLDK〜長門一族の崩壊と二十一代目の遺言〜

超空物件QLDK 〜長門一族の崩壊と二十一代目の遺言〜

超空物件QLDK〜長門一族の崩壊と二十一代目の遺言〜

好評発売中!

ISBN
: 978-4-86472-243-8
体裁
: 文庫版・352ページ
定価
: 741円(税抜)
発行元
: TOブックス
: 岡田伸一

一族の因縁を暴け!凸凹コンビが時空を超えた血族の試練に挑む!
『奴隷区―僕と23人の奴隷―』の新鋭が書き下ろす長編サスペンス!!
『青鬼』シリーズの著者が書き下ろす、ノンストップ・スリラー!

大和霧彦が長門ホールディングスの脱税を暴いてから一時間後。長門の巨大な屋敷は突如、「部屋の増殖」を開始する。それは時空を越えた迷宮「Q」LDKだった……。再会を果たした大和と光の前には、次々と謎を問う、長門一族代々の祖先から子孫までが襲い掛かる!果たして、二人は大富豪一族の謎を解き明かし、大邸宅から無事に脱出できるのか?
ファンタジーとサスペンスの壁を超越する、奇想天外なゴシック長編第2弾!

著者紹介

岡田伸一(おかだ・しんいち)
昭和59年生まれ。東京都出身。E★エブリスタにて活動する小説家。代表作品『奴隷区―僕と23人の奴隷―』シリーズ(双葉社)は、コミック化され、累計100万部を突破。本年初夏に映画化予定。新たな読者を次々と獲得している。最新作は『奴隷区』(双葉文庫)。
公式HP:http://amathu1011.blog119.fc2.com/

  • ご利用ガイド

カテゴリーから選ぶ

  • DVD/Blu-Ray
  • Book

このページの上部へ