トップページ > BOOK > テレビでは流せない芸能界の怖い話4

テレビでは流せない芸能界の怖い話4

テレビでは流せない芸能界の怖い話4

好評発売中!

ISBN
: 978-4-904376-44-7
体裁
: B6・並製・258ページ
定価
: 952円(税抜)
発行元
: TOブックス
: 怖い話研究会芸能部

立ち読み ※別ウィンドウで開きます

遂にシリーズ第4弾!あまりに怖すぎるため、お蔵入り寸前だった話を、クレーム覚悟で載せました……。

業界関係者から、怖い話を集め続けて遂にシリーズ第4作目。「『怖い話』本の中で一番怖い」と全国から悲鳴が集まる「TVでは流せない芸能界の怖い話」シリーズ最新刊!
欲望渦巻く芸能界で、まことしやかに囁かれる黒い噂、心霊話、マル秘トークを多数収録した一冊。

(収録予定怪談)

子連れの彼/カラオケアルバイト/タクシードライバ/古いビジネスホテル/震災の思い出/トンネルの上/守り神様/真夜中のお経/赤い人/カエル/水しぶき/チェンジ 他全60話収録予定

(あらすじ)

・子連れの彼
業界人と言うと、ものすごく派手で遊び好きというイメージを持たれるが、そんなのはごく一部の人間だけで、実際にはものすごく地味で真面目なヤツの方が多い。僕の周りでも……

・カラオケアルバイト
数カ月が経ったある日のこと──。 その夜、アルバイトはSさんだけで、0時になって店長が帰ると、お店にはSさん一人になった。しかもお客さんはゼロ。シーンとした店内の中、彼はフロントに座って漫画を読みふけり、至福の時間を過ごしていた。
プルルルル!プルルルル!

・トンネルの上
それはT君が中学生の頃の話……。
実は彼、学生時代はバリバリのヤンキーだったそうです。しかも地元でその名前を知らないヤツはいないくらいの大物。古い言い方をすれば番長で、毎日他校とのケンカにあけくれていたそうです。勘の良い人ならお気づきでしょうが、事務所的にはこの元ヤンだったという事を隠したいそうで、オンエアー出来なかったという訳です。
そんなバイオレンスな青春を謳歌していたある日……

・真夜中のお経
私は東京から車で1時間半程度の温泉地にある旅館で、せっせと原稿を執筆していました。俗に言う、缶詰というヤツです。脚本家の中にはホテルや旅館で缶詰で書くのが嫌いな方も多いのですが、私は好きです。なぜなら宿泊代や交通費をテレビ局が出してくれるから……。さすがに観光したりはしませんが。その夜も……

  • ご利用ガイド

カテゴリーから選ぶ

  • DVD/Blu-Ray
  • Book

このページの上部へ