レイモン・サヴィニャック自伝 レイモン・サヴィニャック自伝
サヴィニャックとは
サヴィニャックとは
糸井重里氏推薦!
【1】巻頭カラー16ページ。原書では白黒だったイラストも、カラーで掲載!本邦初公開写真も多数!

フランス語版では白黒で掲載されていた、サヴィニャックのポスターをカラーで掲載!
彼の独特な色彩感覚と、魔法のような筆使いを、じっくり堪能できます。
さらに、フランス語版には掲載されていなかった「ペリエ」、「ビックボールペン」、
そして日本でも絶大な人気を誇る「エールフランス」など、サヴィニャックを代表するポスターを多数収録!
そして、サヴィニャックの遺族のご好意により、本邦初公開となるサヴィニャックの写真も掲載!
【2】日本語版だけ!サヴィニャックゆかりの地がすぐ分かる!フランス全土とパリ市街の地図を掲載!

本文中に多数出てくるフランス全土とパリ市街の主要箇所を、地図を交えて掲載!
サヴィニャックと縁深い場所や、活動拠点が手に取るように分かります。
読書のガイドにするもよし、フランス観光の一助にするもよし。サヴィニャックファン必須の、実用的な地図です。

【3】その数約400語!サヴィニャックを知るためのキーワードに注釈を徹底収録!

博学であったサヴィニャックから紡ぎ出される言葉は、広告、美術業界はもちろん、映画や音楽、演劇や思想、芸能風俗と多岐に渡り、しかもかなり専門的。そんな言葉の中から、重要と思われるキーワード約400語に、分かりやすく丁寧な解説をつけました。
そのキーワードの解説を手がけたのは、本著を翻訳した橋本順一氏。氏はフランス関係の専門書を数多く翻訳している、フランス研究のスペシャリスト。また氏は、サヴィニャックの遺族や代理人と深い交友関係を持っており、サヴィニャックの遺族も、橋本氏が翻訳・解説するなら安心、と、本書の出版を快諾して下さいました。
レイモン・サヴィニャック自伝
レイモン・サヴィニャック自伝
■定価:3,600円(税込)
■翻訳:橋本 順一  ■ブックデザイン:日下潤一  ■発行/発売:TOブックス
■書店販売:ビレッジプレス ■版型:四六判 上製 416P(カラー16P)
■ネット発売日:11月6日 
■商品発送予定日:2007年11月7日(水)より順次発送
【お年玉キャンペーン対象商品】
(購入者が先着20名様に達しましたので、キャンペーンは終了いたしました。ありがとうございました。)
レイモン・サヴィニャック RAYMOND SAVIGNAC

1907年、パリ生まれ。パリのエコール・ラボアジェで学んだ後、1935年、アールデコの巨匠カッサンドルに学ぶ。
1949年、ベルナール・ヴィルモと行った二人展で、お蔵入りしていた、モンサヴォン石鹸のポスターを展示していたところ、同社の社長の目にとまり正式採用され、41歳にして本格デビューをする。以後は瞬く間にファンを生みだし、エールフランス、ミシュラン、ペリエ、ビックなどのフランス企業をはじめ、森永製菓、豊島園、ライフ、ダンロップなど、日本やアメリカの企業からの依頼も数多く受ける。1979年、パリの北西の町トゥルーヴィルに移り住み、創作活動を続ける。
晩年は、同市のために、壁画からナプキンまで街のいたるところに作品を提供。
2002年10月永眠。クライアントによる追悼ポスターがパリに溢れた。
Copyright(c) T.O Entertainment All Right Reserved.
Copyright (c) 2007 Marcelle Savignac
キャンペーンはこちら サヴィニャックとは 購入申込み