トップページ > DVD一覧ページ > 外国映画 > ルイーサ

ルイーサ

ルイーサ

オンラインストアで購入する
Amazonで購入する

品番:TOBA0035
定価:セル3,800円(税抜)
本編:約110分
特典映像:予告編ほか
出演:レオノール・マンソ、ジャン・ピエール・レゲラス、エセル・ロッホ、マルセロ・セレ、ほか
ジャンル:洋画/ノンフィクション
監督:ゴンサロ・カルサーダ
製作:オラシオ・メンタスティ、エステバン・メンタスティ、アントニ・ソーレ、ハウメ・ソーレ
脚本:ロシオ・アスアガ
撮影:アベル・ペニャルバ
録音:セルヒオ・ファルコン
オリジナル楽曲:スーペルチャランゴ
発売:ティー・オーエンタテインメント
販売:TOブックス
©2008 ABS Production=Cinemagroup

いくつになっても、人は立ち上がれる。
どん底で見つけた友情と再生に勇気づけられる傑作!!

好評発売中!

『ないない尽くしの初老のおひとりさま。それでも大丈夫、と背中にそっと手を回してくれる。喪失を経験したおとなの映画。』
──上野千鶴子(社会学者)

『ルイ―サのグラデーションのような表情の変化。それは、希望。』
──東ちづる(女優)

『ドン底から立ち上がっていく主人公に、人間の、女性の、"底力”を信じたくなる。』
──横森美奈子(ファッション・デザイナー)

ブエノスアイレスの街と地下鉄を舞台に、容赦ない現実の中で何とか生きようとする女性の姿を描くアルゼンチン映画。
監督は本作が長編劇映画デビューとなるゴンサロ・カルサーダ。出演は、アルゼンチンの国民的舞台女優であるレオノール・マンソ、本作が遺作となったジャン・ピエール・レゲラスなど。

【ストーリー】
ブエノスアイレスの都心のアパートで、猫のティノと暮らす60歳のルイーサ(レオノール・マンソ)は、夫と娘を失った辛い過去をひきずりながらも、仕事を2つ掛け持ちしながら規則正しい生活を送っている。
だが、定年退職まであと1年となったある朝、ティノが死んだ。
途方に暮れながらも、たどり着いた職場で解雇を言い渡され、ルイーサは仕事を2つとも失ってしまう。手元に残ったのは、わずか20ペソ(約500円)。まずはティノを埋葬しなくてはと思いながらも、埋葬費用どころか生活さえできない状態で、初めて降りた地下鉄の駅。そこでルイーサはあることに気付き、遂に行動を開始するが……。

このページの上部へ