トップページ > DVD一覧ページ > 日本映画 > はたちのクズ

はたちのクズ

はたちのクズ

※画像は仮のものになります

オンラインストアで購入する
Amazonで購入する

品番:TOBA0125
定価:セル4,800円(税抜)
本編:64分
特典映像:約60分
出演:木ノ本嶺浩、津田寛治、川村亮介、中込佐知子、池袋遥輝、大塲駿平、沢口 拓 他
エグゼグティブ・プロデューサー:橋本邦比兒、大槻貴宏
プロデューサー:日根野晋一、山本達也
監督・脚本:鈴木夏櫻
撮影:吉田 将
照明:樋口 覚
録音:黒岩舞香
美術:髙橋 栞
製作・配給:トリウッドスタジオプロジェクト(専門学校東京ビジュアルアーツ/トリウッド)
ジャンル:邦画/ヒューマンドラマ
発売・販売:TOブックス
©2014 トリウッドスタジオプロジェクト

飲酒、喫煙、納税、選挙。
認めてほしいのは そこじゃない。

2015年2月27日(金)DVD RELEASE!!

「仮面ライダーW」の木ノ本嶺浩主演映画!幼馴染役に井口昇監督『片腕マシンガール』で鮮烈デビューの川村亮介を、父母には『警視庁捜査一課9係』シリーズ等のドラマや映画には欠かせない津田寛治と、テレビ・CM・舞台など様々なフィールドで活躍する中込佐知子を配し、濃密な演技と脚本で若き19歳の監督の叫びを映像化!

【イントロダクション】
東京・下北沢の短編映画館トリウッドと専門学校東京ビジュアルアーツの共同プロジェクトで、「学生による商業映画製作」をコンセプトに現役学生が企画から制作、宣伝までを担当する「トリウッドスタジオプロジェクト」の第9弾作品。
監督・脚本を手がけた19歳の鈴木夏櫻が、10年前に起きた長男の誘拐事件を境に家族関係がこじれてしまった一家を舞台に、20歳を迎えたことを機に一歩を踏み出す青年の姿を描く。『生贄のジレンマ』などの木ノ本嶺浩、これまであまたの作品に出演してきた津田寛治、『ライフ・イズ・デッド』などの川村亮介らが共演。

【ストーリー】
兄・あおいが誘拐された宇月家。母・多栄子(中込佐知子)は弟かなで(木ノ本嶺浩)にあおいを重ねる。かなでは、求められるままに兄を演じる。父・哲雄(津田寛治)はそんな2人を困惑しながら見守っている。誘拐事件を境に始まった歪な家族関係は、10年間変わっていない。哲雄は家出をし、多栄子は甘える。かなではまあいいやと口では言いながら、文句ばかりをこぼす。見かねた幼なじみの小沢(川村亮介)が根気強くかなでを諭すが、言い合いに発展する。そして、かなでは二十歳の誕生日を迎えるが……。

このページの上部へ