トップページ > DVD一覧ページ > ドキュメンタリー > 幸せな時間

幸せな時間

幸せな時間

オンラインストアで予約する
Amazonで予約する

品番:TOBA0083
定価:セル4,800円(税抜)
本編:72分
特典映像:未定
出演:丸山忠吾、丸山サチ子 ほか
監督:横山善太
撮影:武井彩乃
音楽:高山英丈
ジャンル:邦画/ドキュメンタリー
発売:ティー・オーエンタテインメント
販売:TOブックス
© 「幸せな時間」製作委員会

失われゆく時間に想いを馳せたドキュメンタリー

好評発売中!

<文部科学省 社会教育(教養)青年・成人向き 選定作品>
人生の終焉に気付き始めた老夫婦が助け合い、思いやる心を持ち続ける「普通なこと」に感動が止まらないドキュメンタリー作品。

本作品に、すばらしいコメントが届きました! 
「観終わって 気付いたら 少し涙ぐんでいた。私たち夫婦も83と81。結婚56年。
私は心肺機能が衰え 妻は物忘れが進む。老いは人間に例外を作ってくれないが私も妻もつれあいに優しくなった。いたわり合って終末を迎えるしかない。
ただ 男の子ばかりの私たちには、しっかり者の娘さんの存在がうらやましかった。」
───三宅久之さん(政治評論家)

がんと認知症が発覚した一組の老夫婦とその周囲の者たちの姿を見つめたドキュメンタリー。老夫婦の孫娘が5年間にわたって撮影した祖父母たちの映像を、『カヲリの椅子』などの短編作品で注目を集める横山善太が監督を努め、ひとつの作品としてまとめ上げた。老い、介護、別れといったものだけを見つめるのではなく、そこから家族のきずなや人を愛することの尊さを浮かび上がらせていく温かな視線が、観る者の心をつかむ。

【ストーリー】
50年も連れ添ってきた、丸山忠吾と丸山サチ子の老夫婦。そんな二人の姿を孫娘である武井彩乃がビデオカメラで記録することに。平穏で平凡な毎日を送っていた夫婦だったが、サチ子が認知症だと診断され、ほどなくして忠吾のガンが見つかる。病が進んでいってしまう祖父母、介護に必死な母親の姿などをカメラ越しに見つめながら、老いや別れという現実をかみしめていく彩乃。やがて、サチ子は彼女のことを忘れるまで認知症が進んでしまうが、それでも夫のことだけは何かと心配し続ける。

このページの上部へ